收縮
logo
當前位置:首 頁 > 語言學
  • 『教養としての大學受験國語』
    高校・大學生の學力低下が社會的に問題になっているが、憂うべきなのは知識量の低下よりも、自ら考えるための思考力の低下である。大學受験國語は、限られた條件の下での出題とはいえ、高校の「國語」よりもはるかにバラエティに富む。心ある出題者が、思考の最前線に幾分かでも觸れてほしいと願っているからだ。數ある受験問題の中から良問のみを厳選した本書は、たくまず...
  • 『昇格する!論文を書く』

    已有2722人圍觀 0條評論 供稿者:
    『昇格する!論文を書く』
    いまや全國の企業で昇進や昇格の評価からリストラの判斷基準にまで、論文試験が採用されている。本書では論文の分析方法に基づいた有効な論文の書き方を、日本一の文章分析者が初めて実狀に即して公開する。 作者: 宮川 俊彥 (著) 出版社: 角川書店 出版日期: 2003/11
  • 『論文の教室―レポートから卒論まで』
    論文って何だ!?それは、「問い」に対して明確な答えを主張しその主張を論証するための文章である。主人公は作文の苦手な大學生。彼が読むに耐える論文を何とか仕上げるまでを時系列順に辿りながら、論理的に文章を書くためのノウハウを伝授。論文のアウトラインの作り方を丁寧に紹介するほか、説得力を高めるためにはどのような挙例が必要か、どのようなアンチテーゼを叩け...
  • 2014-07-13
    已有3286圍觀 0條評論 供稿者:
    方言研究家の第一人者・藤原與一先生が語る、愛媛県大三島より日本全國方言調査行腳の旅。目からうろこの話満載。四國→中國→近畿→中部→関東→奧羽→九州と、それぞれの地方の臨場感ある言語生活が居ながらにして體験できる。 作者: 藤原 與一 (著) ...
  • 2014-07-13
    已有2786圍觀 0條評論 供稿者:
    日常よく使われる用語の類語・同義語・関連語を集めた辭典。約3800語を収録。用語を5つのカテゴリーに分類し、さらにキーワードに分け、そのキーワードごとに、意味のよく似ている言葉を集め、それぞれを見出し語としている。 作者: 日本語研究會...
  • 2014-07-13
    已有3061圍觀 0條評論 供稿者:
    「つむじを曲げる」と「へそを曲げる」の違いは? 「及び腰になる」と「逃げ腰になる」では意味も微妙に異なる。似て非なる慣用表現100組200表現を取り上げて解説。日本語の豊かさを再発見。 作者: 現代言語セミナー (著) 出版社: 東洋経済新報...
  • 2014-07-13
    已有3384圍觀 0條評論 供稿者:
    現代の日本語はどのようにして出來上がってきたのだろうか。やまとことばと漢字との出會い、日本語文の誕生、係り結びはなぜ消えたか、江戸言葉の登場…。「話し言葉」と「書き言葉」のせめぎあいからとらえた日本語の歴史 作者: 山口 仲美 (著) ...
  • 2014-07-13
    已有3251圍觀 0條評論 供稿者:
    日本語は微妙なニュアンスと深い陰影に富んでいる。さらに日本人特有の話し方、書き方が、日本語をいっそう複雑で、むずかしいものにしている。本書は、古典から現代の歌謡曲、CMまで幅広い材料を豊富にひきながら、ことばの奧底にひそむ心理を明ら...
  • 2014-07-13
    已有2619圍觀 0條評論 供稿者:
    二十四年の短い生涯に、近代文學に燦然と輝く名作を殘して逝った樋口一葉。 その象徴性に満ちた文學は、江戸から明治、古典から近代文學へという時代に生まれ、そのどちらをも超えた魅力をはなち、現代に読みつがれている。 本書では、代表的五...
  • 2014-07-13
    已有2684圍觀 0條評論 供稿者:
    明治の半ば,女性は書くことを求めてなお闘い続けていた.書くことは,維新の近代化が女性に約束したかに見えた社會空間を取り戻すことであり,一人の主體として公的空間に立ち現れるということであった.明治の女性の手になる初期小説を分析した...
  • 評論最多
  • 最新評論
  • 随機文章
footer logo
未經許可請勿自行使用、轉載、修改、複制、發行、出售、發表或以其它方式利用本網站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版權所有:日語論文網
  • 備案号:京ICP備10000918号